YYHOUSEの多尾田です。

ここら辺で、いい例、悪い例っていかがでしょうか?!
  

必ず、我々が取り扱っている木造建築物には基礎があります

弊社はベタ基礎が基本。
  
 

その基礎がしっかり大切な家族を守ってくれるます。

いわゆる、しっかり建物をささえてくれなきゃダメってことですよね。
 
 

まずは、基礎の土間の部分。

 

住宅の品質確保の促進などに関する法律では。基礎のひび割れは

0.3mm以上のひび割れは欠陥であると記してあります!

 
大きくそのひび割れが発生する原因は
 
1.コンクリートの締固めがしっかりできていない
2.コンクリート打設後、表面をシートなどで保護していない 
 

締固めが必要なのは、コンクリートの中の空気を抜き、

材料が均一になっている状態をつくること。
 

また、コンクリートは急激な乾燥収縮をすると、

ひび割れが発生するので
 
それを防止するためにしっかり養生をする必要があるのです。
 
 実際には大きいと大変です(>_<)

 

ただ、コンクリートは特性上にひび割れはゼロに出来ないので

規定以上のひび割れが出来ないようにしっかりチェック、

管理していくことが大事ですね!
 
それでは、また。