江田島市H様邸。

さて、いよいよ大工さんの工事も終了。

お客様、立ち合いのもと、各部屋の出来上がり前の確認、電気配線の位置の確認など済ませ

いよいよ、内装工事へと入ります。

まずは吹き抜けの足場を組んで、作業する足元を確保します。

 

また弊社は、手に触れる部分などは、

なるべく塩ビ建材を使わず、見える部分はなるべく無垢材や集成材で現場塗装

するようにしています。

手に触れると、温かみがあることが特徴ですが、末永く使っていただきたいとの思いです。

 やっぱり本物の木目はいいですね。

 

 さて、本日の本題です。

内装工事はボードと呼ばれるクロス下地のつなぎ目にパテと言われるものを

入れてクロスを張った時に見た目が美しくなるように入れていきます。

 




1人の職人さんが一軒で23日はかかる作業です。

段々と出来上がりが見えてきました!

 

あっ。

そういえば、外部足場撤去できました!!!

白い外壁が素敵な外観です!!

それでは、また。